顕微鏡歯科

顕微鏡歯科とは

顕微鏡をもちいて、ムシ歯などの治療部位を4~24倍に拡大視しながら精密に治療をおこなう方法です。
虫歯治療以外にも、根管治療(歯の神経治療)、見た目では治療部位だとわからないような審美歯科治療、最少のキズでおこなう精密なインプラント手術、歯周外科処置など、精度の高い治療にはかかせない治療法です。

ミュータンス菌(むし歯菌)や歯周病菌のような細菌は肉眼では見えません。お口のトラブルを引き起こす菌や症状のほとんどはミクロレベルで進行するため、初期症状を肉眼で確認することは非常に困難。ましてや、その治療を肉眼だけで対応するには、限界があります。

 

マイクロスコープって何?

歯を拡大してみることの出来る実体顕微鏡のことです。

マイクロスコープを使用することによって、肉眼では見ることの出来ない歯の細かい凹凸や、隠れた根管、補綴物のフィットの状態など様々なことが分かるので、診断能力が大幅に向上し、より精密な治療を行うことが出来るようになります。

また、マイクロスコープで見た映像をモニターに写して患者さんに見てもらうこともできるので、患者さんへのコンサルテーションにも大きな威力を発揮します。

 

実際のマイクロスコープの見え方

 

マイクロスコープを利用する治療
虫歯治療

マイクロスコープを使用して行う虫歯治療では、削る歯の量を最小限に抑えることができます。
削った部分を埋める際にもマイクロスコープを使えば、確実に患部を封鎖することができるので、むし歯の再発防止に大きく役立ちます。⇒ 虫歯治療のページへ

根管治療

従来の根管治療は歯科医の経験と勘を頼りに行っていました。しかし、マイクロスコープを使用すれば根管の細部まで拡大して見られるので、安全で正確な根管治療が可能。アメリカではすでに、歯根治療の専門医にはマイクロスコープ使用が義務付けられています。⇒ 根管治療のページへ

歯周病治療

中等度以上の歯周炎において、歯周外科としてフラップオペレーション行う場合にも正確な歯肉の剥離・歯石の除去・縫合でマイクロスコープが力を発揮します。⇒ 歯周病治療のページ

審美歯科

患者さんの歯の形状にぴったり合った精密な被せ物を作ることができます。適切な審美歯科治療を達成するには30~40ミクロン以下の精度が必要と言われており、マイクロスコープによってこれが実現できます。
⇒ 審美歯科のページへ

インプラント治療

インプラント治療にマイクロスコープを導入することで、術後の腫れや痛みを抑えられるのはもちろん、傷口の治りが 早くなるというメリットがあります。特に上顎洞の骨造成法(サイナスリフト)は、従来の患者様への身体的負担を抑えて行うことができるようになりました。 審美性が重要視される前歯のインプラント治療にもマイクロスコープは有効です。 ⇒ インプラントのページへ